2016年アニメ

昭和元禄落語心中(評価83.2点)あらすじ・みどころ。落語の世界を描いたヒューマンドラマ

声優陣は落語関係者ばかり!?
本気で落語の世界を描いた話題作「昭和元禄落語心中」
この作品のあらすじ・感想・見どころを紹介します。

昭和元禄落語心中

アニメ放送 (1期)2016年
(2期)2017年
視聴 大人向け
ジャンル 職業/ヒューマンドラマ

あらすじ

刑務所に入っていた主人公”与太郎“は、服役中に聴いた落語に感動し、出所後には「落語家」になると決めていた。満期で出所後、「昭和最後の大名人」と称せられていた人気落語家8代目八雲に弟子入りを志願する。それまで1人の弟子も取ってこなかった八代目八雲が気まぐれで、入門となる。そこで八雲の養女「小夏」に出会う。彼女は、天才落語家で八雲の友「有楽亭助六」の娘だった。与太郎は、小夏と師匠八雲と生活しながら、落語を学んでいくという話です。

原作

原作は、漫画

著者 雲田はるこ
出版社 講談社
巻数 全10巻

アニメの順番

2016年放送:1期
【昭和元禄落語心中】

話数 13話
アニメ制作 スタジオディーン

2017年放送:2期
【昭和元禄落語心中 -助六再び篇-】

話数 12話
アニメーション制作 スタジオディーン

声優陣が落語関係者!?

関智一(主人公):落語立川流所属の落語家
石田彰(八代目八雲):落語ファン
山寺宏一(初太郎):大学の落語研究会所属
小林ゆう(小夏):落語CD「モエオチ!」をリリース

名言集

与太郎
与太郎
いいんだよ。おいら、もうねぇから。なんもねぇからあそこに行くんだ。
与太郎
与太郎
師匠てのは超えるもんじゃねぇ。別々の道を同じ方見て少し後ろを歩いてく。仲間って言ったら変だけど、同士みたいなもんだ。おいら師匠の落語を生涯愛していくよ。超えちまったら愛せねぇだろ。愛せるもんは多けりゃ多いほどいいんだ。
菊比古
菊比古
人ってのは全てわかりあえるわけがない。それでも人は共に暮らす。取るにたらないせんないことをただ分け合うのが好きな生き物なんだ。だから人は1人にならないんじゃないか

作品の感想・見どころ

落語の世界を舞台したヒューマンドラマとなっています。
落語なんて面白くないでしょ?って思う方に是非見てほしい作品です。落語に対するイメージが変わると思います。基本的には落語が分からなくても、理解できるように作られており、見やすい作品です。

出典
© 雲田はるこ/講談社・落語心中協会

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です